出展者向け イベント期間中のセールスリードを把握するための7つのポイント | Eventory(イベントリー)

出展者向け イベント期間中のセールスリードを把握するための7つのポイント

イベントマーケティングの価値を理解し、評価する企業が増え始めています。イベントに参加することは、多くの利益をもたらします。
主催者、参加者、パートナー、基調講演者など、それぞれの役割によって、満たすべき目標が異なります。

営業目標を実現する場合、最も望ましい利益は、新しいコンタクトや見込み客です。あるイベントの価値を知るためには、そのイベントが生み出したリードを追跡する方法を知らなければなりません。その方法はたくさんあります。イベント中のセールスリードを記録する方法について、7つのプロフェッショナルなヒントをご覧ください。

イベント中にリードをトラッキングする理由と方法

主催者がどんなにイベントが素晴らしいと思っていても、目に見える結果がなければ成功とは言えません。多くの出展者にとって、イベントの主目的は新規のセールスリードを集めることです。成功の鍵は「測定」にあります。

すべてのマーケティングとセールス活動には、透明性のあるKPIの管理が必要です。パフォーマンスの責任者は、目標が達成されたかどうかを追跡することができます。また、そのイベントが価格に見合ったものであったかどうかの質問にも答えることができるようになります。お分かりのように、重要なのはデータなのです。

しかし、イベント中にセールスリードを追跡するにはどうしたらよいのでしょうか。簡単なことだと思うかもしれません。交換した名刺を数えればOKです。そう言われればその通りなのですが、それは真実の一部に過ぎないのです。ハイテク機器と高度な計算方法を使えば、もっと多くのことができるのです。

ビーコン、QRコード、MarTechソフトウェアは、マーケティング担当者が多用する別の流行語ではありません。これらは強力で貴重なツールです。これらは、信じられないほどの精度であなたのビジネスコンタクトを監視することを可能にします。イベント中にセールス・リードを追跡する方法に関するプロのヒントトップ7をチェックしてください。

Tip #1 ソーシャルメディアを活用する

ソーシャルメディアは、イベントの前後を追跡するために非常によく使われます。イベント開催中も、ソーシャルメディアは多くのことが起こる空間です。ライブストリーム、ツイート、写真、そして多くのコメントがあります。イベントのハッシュタグ(ある場合)をフォローしましょう。投稿、コメント、言及の数を測定し、最もアクティブな参加者を特定します。ソーシャルメディアに参加している人たちは、あなたのコンテンツに興味を持つ可能性があります。彼らは、あなたの将来の顧客になるかもしれません。

Tip #2 ゲーミフィケーションを最大限に活用する

ゲームやクエスト、チャレンジを利用することは、参加者の興味を引き、活性化させる素晴らしい方法です。イベントのゲームを作って、リードジェネレーションのソースとして活用しましょう。コンテストにビーコンやQRコードなどの新しいテクノロジーを組み合わせてもよいでしょう。

クイズやコンテストは、楽しいだけでなく、参加者の膨大な情報源にもなります。何人の参加者がゲームに参加したかを確認します。イベント・プラットフォームを使って参加者のエンゲージメント・レベルを測定し、全体像を把握します。参加者のエンゲージメントが高ければ高いほど、彼らがリードになる可能性は高くなります。合理的なベンチマークを設定し、ゲームの効率をリアルタイムで追跡します。

Tip #3 モバイルアプリを活用する

イベント専用のモバイルアプリは、何も目新しいものではありません。参加者の活動を記録し、データ満載のインサイトを提供する貴重な存在です。しかし、モバイルアプリは、タグ付けシステムなどの機能により、他の参加者を識別するのにも役立ちます。Eventoryのようなオールインワンのイベントプラットフォームで、スマートなタグ付けシステムにアクセスしてみましょう。それを使って、他のゲストのことをもっと知ることができます。これにより、顧客のターゲットを正確に絞ることができます。

イベント中に発生したセールスリードをよりよく把握し、追跡したいのであれば、新規および潜在的なコンタクトを整理することが最も重要です。参加者の興味、会社での立場、業界によって参加者をセグメント化します。貴社のセールスファネルに合ったフィルターを選びましょう。潜在的な顧客、パートナー、インフルエンサーなどに参加者を分類します。簡単に言えば、誰が来るのか、何に一番興味があるのかを知ることです。

Tip #4 ビーコンや床センサーなどのテクノロジーを恐れない

リードをトラッキングする方法として、ビーコンを利用するのも一案です。Bluetooth Low Energyをベースとしたこれらの小型デバイスは、参加者のナビゲーションやエンゲージメントに非常に有効です。このBluetoothスマート技術は、参加者のデバイスを検出し、あなたのブースへの訪問時間と滞在時間を測定することもできます。

ビーコンをモバイルアプリと組み合わせると、個々の参加者を識別することができます。このデータをもとに、どの参加者がリードになり得るかを推定することができます。主催者がこの技術を提供しているかどうか、常に確認してください。床センサーは、実際の足の動きを測定する感圧マットです。来場者の足取りを把握することができます。それは彼らの訪問の長さを測定します。見込み客の身元に関する正確な情報は得られないかもしれませんが、あなたのブースの人気度に関する見識は確実に得られるでしょう。

Tip #5 QRコードマーケティングを熟知する

QRコード(Quick Response Code)は、ここ数年、マーケティングの分野で利用されています。QRコードは、ユニークな「名刺」の役割を果たすことができます。QRコードは、イベント中に発生したビジネス上の会話の数を簡単に計算することができます。

スマートフォンでQRコードを読み取ると、専用のランディングページへのリンクやアンケート、クイズが表示されます。また、バーチャルな名刺代わりにもなります。アプリでスキャンするように促しましょう。

Tip #6 何かを無償で提供する

人は景品や特別なオファーが好きです。特別な割引コードや専用のUTMを持つリンクを用意し、人々があなたの会社から何か特別なものを得るために使えるようにしましょう。それは、電子書籍、割引、無料相談などかもしれません。

イベント後、数週間以内に何人のイベント参加者がこのコードを使用したかをチェックします。これにより、このイベントからどれだけのセールスリードを獲得したかを明確にイメージすることができます。

Tip #7 カスタマーサクセスチームと連絡を取り合う

参加者の中には、すでにあなたの顧客である人もいるはずです。Eventoryのようなソリューションを使用すると、同じイベントに参加するビジネスコンタクトを簡単にチェックすることができます。適切なセールスリードを追跡するためには、リードプールからそれらを除外する必要があります。

しかし、そのようなツールがない場合は、カスタマー・サクセス・チームがこの件に関する最良の情報源となります。彼らが顧客であるかどうか、あなたがあまり確信していないリードは、常に彼らに確認してください。情報交換には、メールやメッセージングアプリ、会社のCRMツールを使用します。

まとめ

イベント期間中に自社をアピールすることは、昨今、簡単な仕事ではありません。イベントマーケティングを成功させることで、質の高いリードを生み出し、1円でも高い価値のあるイベントにすることができます。

最先端のテクノロジーを駆使すれば、イベントのあらゆる側面を測定することができます。イベントそのものが、完璧なリードジェネレーションの源なのです。

しかも、今後の改善のための土壌となるものです。Eventoryのような先進的なイベントプラットフォームのおかげで、必要なデータをすべて一箇所で得ることができます。

その結果、より多くのセールスリードを生み出すために、参加するすべてのイベントをさらに効率的に活用することができるのです。

Tags: