企業にイベントの協賛をしてもらう方法を紹介 | Eventory(イベントリー)

企業にイベントの協賛をしてもらう方法を紹介

イベントの協賛企業を獲得するためには、そのイベントに投資する価値があることを企業に納得させなければなりません。イベント前に、協賛企業に協賛することのメリットをどのように測定できると思いますか?

なぜイベント主催者は協賛企業を獲得しようと躍起になるのでしょうか?

協賛企業を得るということを聞いて、最初に思い浮かべたものとは違うかもしれません。協賛企業の役割もさまざまでしょう。もちろん、主催者にお金を渡すだけで、高解像度のロゴを提供する企業もいます。しかし、 これがあなたのピッチの主な部分である場合、あなたは失敗するでしょう。その業界の主たるイベントを主催していない限り、この種の協賛企業を見つけるのは難しいです。

しかし、お金がすべてではありません。イベントの主催者は、マーケティング上の理由から企業や出版社を巻き込もうとします。あなたがフィンテックのカンファレンスを主催していると想像してください。ゼロから参加者を招集するより、Forbesの読者に売り込む方が簡単ではないでしょうか?

しかも、このような協賛企業を得ることで、一種の知名度を得ることができ、他の企業も協賛に興味を示すようになるかもしれません。「社会的証明」のような論法の一種です。企業は、あるイベントの協賛企業が大物であることを知ると、自分たちも協賛したくなるかもしれません。

教授や基調講演者を何人か集めれば、さらにイベントを充実させることもできます。多くのイベントは、知名度の高い人物を中心にマーケティングキャンペーンを展開します。それは効果的です。参加者が尊敬する人物は、さらに多くの有料参加者を惹きつけることができるのです。

イベントに協賛する理由は何でしょうか?

しかし、協賛企業に何のメリットがあるのでしょうか?お金と名前を提供する、その見返りは何でしょうか?

イベント協賛は、協賛企業に多くのメリットをもたらします。ブランドの知名度向上はその最たるものです。しかし、仮にこのメリットが協賛企業にとって決定的なものでなかったとしましょう。他にどんなメリットがあるでしょうか?

ブランドの顧客がブランドをどのように見ているか、つまり顧客認識というものがあります。イベントの協賛企業になるということは、そのイベントの背景にある考え全体をサポートするということです。イベントによっては、特定のブランド、あるいはその顧客にとって重要な問題に触れているものもあります。このようなブランドは、特定のイベントの協賛企業になることで、より多くの人に支持されます。

また、協賛企業も協賛企業やパートナーを必要としています。業界のイベントに参加することで、人脈作りが容易になります。そのため、ある企業があなたのイベントに参加すれば、今後のプロジェクトのために貴重な人脈を得られる可能性があるのです。

イベントの協賛企業となるもう一つの理由は、観客の生の声を集めることです。見込み客や消費者との直接の接点は、貴重なものです。それは、企業にCRMのデータをリアルに映し出してくれるからです。しかし、それは、イベントの参加者が何らかの形で企業のターゲットグループに属している場合にのみ意味があります。


企業に協賛してもらうにはどうしたらいいか?

企業にイベントの協賛企業になってもらうには、どうしたらいいかと考えたことがあるのなら、これが簡単な答えです。

それは、「企業にとって何が有益なのか」を伝えることです。

これは当たり前のように聞こえると思いますが、その正しい方法を知っていますか?「幅広い視聴者層」「トッププレーヤー」といった決まり文句を繰り返しても、あなたの売り込みは無味乾燥になるだけです。何十もの似たようなオファーの中から消えてしまうでしょう。

すでに述べたように、企業がイベントに協賛する理由はさまざまです。しかも、スポンサーシップ・パッケージの種類もさまざまです。メイン会場に展示するだけというものもあります。また、メインステージで来場者のために印象的なスピーチをしてくれる企業もあります。

企業にイベントの協賛企業になってもらうためには、まず、ピッチを企業ごとにカスタマイズする必要があります。期間中、 なぜその企業を協賛企業にしたいのか、その理由を列挙することから始めましょう。その企業の顧客は、あなたのターゲット層に似ているからでしょうか?あるいは、ブランドの価値観があなたのものと一致するからでしょうか?このようなプロセスを経ることで、その企業がなぜ協力したいと思うのか、ヒントが得られます。それをピッチに盛り込みましょう。

第二段階として、協賛企業候補の調査も行います。その企業の強み、弱みは何か?知名度の高いCEOはいるか?彼らは、新たなイノベーションをもたらすか?それをまとめて、あなたのイベントのUSPを作りましょう。そう、イベントもまた、あなたが協賛企業に「売り込もうとする」商品なのです。大胆に、そして情熱的になりましょう。あなたのサミット、ハッカソン、ミートアップ、カンファレンスについて、何が特別なのかを伝えましょう。

最後に、あなたが提供できるものを明確にしましょう。次のような活動を提案することができます。

  • ロゴの配置
  • 企業に関する告知
  • ソーシャルメディアへの誘導
  • パネリストとしての登壇
  • ステージでの講演の機会
  • 観客としての特別なイベントへのアクセス
  • 無料パスやVIPパス

次に、どのような協賛企業を狙うかを考えます。いくつかのバージョンを作成し、協賛企業候補のリスト、彼らのニーズ、あなたのUSPにオファーを合わせてください。

協賛企業を目立たせたいなら、具体的でデータに基づいたピッチを作りましょう。

数字で協賛企業を驚かせるには?
概要:

  • イベントのリーチ
  • 推定参加者数
  • 視聴者層
  • 参加者のうち、協賛企業のターゲット層が占める割合
  • 前回までの参加者の声
  • イベント中に集まった参加者の属性(職種、興味、プロフィールなど)

Eventoryのようなイベント管理ツールを活用しましょう。そのようなデータを計算したり、見積もったりするために役立ちます。あなたが持っているデータを最大限に活用し、それを使って将来のイベントのイメージを描いてください。

協賛企業のスイートスポットをくすぐるデータを使用します。与えられた企業に合致する重要業績評価指標に焦点を当てます。オファーは簡潔かつ正確に、協賛企業に出会えるインフルエンサーについて具体的な情報を提供します。彼らのソーシャルメディア上での存在感を説明します。聴衆や講演者についても、同じようにしましょう。

主催者と協賛企業の関係は双方向でなければなりません。協賛企業はリスクを計算した上でイベントに参加する必要があります。オファーを詳細にし、パーソナライズすることは、企業にとって判断することを容易にします。それは、あなたが協賛企業の時間を尊重していることを示すことになります。また、あなたの行動に透明性があることを証明することにもなります。

この文章を読んで覚えておくべきアドバイスが1つだけあるとすれば、それはこれだけにしておきましょう。

それは、データを協賛企業にとってのベネフィットに変換することです。そうすれば、あなたのピッチは確信をもつようになります。空約束を避け、あなたのイベントに必要な協賛企業を正確に獲得することができます。

Tags: