導入事例 Ringier Axel Springer Polska様 | 【公式】Eventory(イベントリー日本版)

導入事例 Ringier Axel Springer Polska様

パンデミックが発生してから数ヶ月後、オンラインイベントやウェビナーが急増し、参加者が招待に反応しなくなったため、企画されたウェビナーへの出席率が目に見えて低下し始めるというリスクがありました。

しかし、Eventory(イベントリー)を導入したことで、参加者とのコミュニケーションの質が格段に向上しました 。

課題

パンデミックの発生とその影響は、Ringier Axel Springer Polska社のような組織にも及びました。同社は、予定していたすべての定例イベントを急に中止しなければならず、多くの主要なビジネスグループと連絡を取ることができなくなってしまいました。

パンデミックが始まった当初、同社はビデオ会議ツールを使用して実施する従来のウェビナーに焦点を当てていました。しかし、お客様の期待はそれよりもはるかに高いことがすぐにわかりました。お客さまは、プレゼンテーションを視聴するだけでなく、イベントに積極的に参加したり、他の参加者と会話をしたり、自分の意見を述べたりしたいと思っていました。ウェビナーでは、参加者に対面イベントと同様の体験を提供することはできませんでした。

Ringier Axel Springer Polska社は、対面イベントの体験、印象、効果を完全にオンラインに移行するため、オンラインイベントツールをよく調べ始めました。

 B2Bの関係性の大部分はイベントを通じて構築されており、パンデミックの際にもお客様と連絡を取り、知識を共有し、当社のオファーや活動について伝えることで、この困難な時期にお客様をサポートしたいと考えていました。

 ”私たちの目標は、お客様のデジタル化のプロセスをサポートすることで、お客様との協力関係を発展させることです。

 インパクト・アカデミーでは、6年以上前から、カンファレンス、セミナー、ウェビナー、ポッドキャストなどの教育イベントを実施しています(以前はオフラインで開催していましたが、現在はオンラインで開催しています)。当社は、デジタル分野で高い能力と知識を持っていること、そして国際的な組織として様々な国の経験やリソースを活用できることが強みです。さらに、私たちの社員は、自分の知識を共有することを好む熱心な人たちです。

このCOVIDの時代に、私たちの組織文化の中でますます重要になってきている要素があり、それは知識の共有です。自分たちの能力や経験をお客様と積極的に共有しています。

このようにして、お客様に対して信頼できる価値あるパートナーとしてのイメージを築いていきたいと考えています。

また、教育会議は、お客様のニーズやビジネス上の課題に関する認識を広めるための重要な分野でもあります。イベントで得られた知見は、お客様のニーズに当社のサービスをよりマッチさせるのに役立ちます。

ーRingier Axel SpringerPolska社 Impact Academy プロジェクトマネージャー Ewa Hutny氏

ニーズ

Ringier Axel Springer Polska社は、オンラインイベントを開催するための技術サプライヤーを探していたとき、目標とニーズを明確に定義していました。

彼らは、オンラインイベントを対面イベントと同じくらい効果的に実行できるソリューションを探していました。同社が求めていたのは、魅力的な会議やイベントを実施し、幅広いネットワーキングを可能にするするツール/プラットフォームでした。重要な点は、イベントの前、開催中、終了後に、顧客やパートナーと継続的にコミュニケーションできることでした。

さらに、目標としたソリューションで収集したデータを社内のシステムに直接転送し、ビジネス部門の従業員が顧客のニーズをよりよく理解できるようにすることでした。

例えば、クライアントがイベント中に「シニア層へのアプローチに興味がある」と言った場合、Ringier Axel Springer Polska事業部門の従業員はそのことを知り、そのオファーがクライアントにとってまだ有効かどうかを確認することで、彼らとの関係性を維持することができます。

実現

Ringier Axel Springer Polska社とEventoryの協力関係は2020年5月に始まりました。

Eventoryは、ZoomやClickMeetingなどのプラットフォームでも配信が可能で、何よりも参加者の登録やコミュニケーションのためのツールを提供しており、機能が充実しているため他のソリューションの中から選ばれました。

Ringier Axel Springer Polska社は、イベント中に主に下記の機能を使用しています。

・イベントごとにランディングページを作成

・イベントへの登録

・イベント前、開催中、終了後のメールキャンペーン(メーラー機能)によるコミュニケーション

・クイズ、投票、アンケート、ライブ質問

・主催者および参加者のチャット

・参加者からのフィードバックやレクチャー評価

さらに、技術部門からのサポート、イベント代理店、Eventoryの技術サポートを必要とせずに、中規模のイベントを自社で開催できることは、同社にとって重要な要素の1つになっています。これにより、Ringier Axel Springer Polskaが実施するイベント責任者の独立性、自律性、柔軟性が確保されました。

 ”私にとっては、Eventory CMSが非常に使いやすいことも重要です。おかげで、イベントにまつわる全てのことがEventoryで迅速かつ効率的に行われるだけでなく、楽しみながら行うことができます。このプラットフォームのCMSの使い方は、論理的で、シンプルで、直感的です。

メールや登録フォームに用意されたテンプレートやレイアウトは、非常に機能的(見やすく、わかりやすい)であると同時に、シンプルな美しさを備えています。ニーズをよく理解している人がデザインしたものだとわかります。

さらに、すべてのコンテンツはいつでも携帯電話からでも変更・編集が可能です。これは非常に重要なことです。というのも、各イベントの状況は動的で、最後の最後まで急速に変化するからです。

ーRingier Axel SpringerPolska社 Impact Academy プロジェクトマネージャー Ewa Hutny氏

導入効果

パンデミックが発生してから数ヶ月後、オンラインスペースがイベントやウェビナーで溢れかえり、参加者が招待に反応しなくなったため、最初に企画されたウェビナーへの出席率が目に見えて低下し始めるというリスクがありました。しかし、Eventoryを導入したことで、参加者とのコミュニケーションの質が格段に向上しました。

現在、同社はEventoryのプラットフォームを利用して、週に数回のオンラインイベントやミーティングを実施しています。連携を始めてから、定期的にイベントに参加してくれる1万人以上の参加者のコミュニティを構築することができました。Eventoryのわかりやすいインターフェイスのおかげで、Ringier Axel Springer Polska社のチームによるイベント開催作業の80~90%が自社で行われています。

その他の導入効果 – 組織のポジティブな変化

社内でのオンラインイベントの運営が非常に容易になりました。昨年、Ringier Axel Springer Polska社は複数の異なるツールを使用していました。Eventory の導入により、Ringier Axel Springer Polska社のイベントマーケティングは1つのプラットフォーム内で行われるようになり、イベント活動に関するすべての情報(全体および特定のカテゴリーで行われたもの)が集約されるようになりました。簡単に言えば、Eventoryを使って社内で開催されたイベントが一箇所に集められ、その品質とビジュアルが統一されたのです。

導入によるその他の効果 – プロジェクトマネージャーの結論

今回のパンデミックでは、ビジネスパートナーを選ぶ際のアプローチが強く問われました。現在、私たちが重視しているのは、「存在感」と「信頼感」、そしてオンラインイベントを制作・実施する際に発生するニーズや課題を一貫して理解していることです。

Eventoryはそのようなパートナーです。プロジェクト期間中、私たちは一人で問題を抱えたことはなく、プロジェクトの成功に集中することが共通の目標になっているという印象を持っています。

ーRingier Axel SpringerPolska社 ナレッジネットワーク責任者 Aleksandra Brzozowska氏

”カスタマーサクセスと人材がEventoryの強みです。

非常に高いレベルのカスタマーサポートを提供しており、その内容もイベントに合わせて調整されています。製品の一般的な変更を私たちのニーズに合わせてくれたことは一度や二度ではありませんでしたし、私たちが実際に必要としている機能の設計に参加する機会もありました。直感的に操作できるのも、このプラットフォームの大きな魅力のひとつです。Ringier Axel Springer Polska社では、非常に多くのイベントが開催されており、そのペースも速いため、信頼できるパートナーが必要です。Eventory はそのようなパートナーとして、あらゆる段階で協力してくれています。

ーRingier Axel SpringerPolska社 Impact Academy プロジェクトマネージャー Ewa Hutny氏

 次のステップ

Ringier Axel Springer Polska社とEventoryの協力関係は、月を追うごとに発展しています。近い将来、ネットワーキングの機能が追加され、Eventoryシステムを会社のCRMと統合する予定です。さらに、今後はハイブリッド形式でイベントの編成を計画しています。

Tags: