イベント中にB2Bリードジェネレーションの効率を測定する3つの簡単な方法 | Eventory(イベントリー)

イベント中にB2Bリードジェネレーションの効率を測定する3つの簡単な方法

B to Bのリードジェネレーションは、多くのマーケティング効果をもたらします。イベントは、新しい見込み客やリードを獲得するための最適なツールのひとつです。しかし、それを効率的に行うためには、必ずリードジェネレーション活動の効果を測定する方法を学ばなければなりません。正確な統計を知ることで、必要に応じて今後の営業活動やマーケティング活動の方向性を修正することができるからです。

B to Bリードジェネレーションの基本的な考え方

B2Bセグメントのリードジェネレーションは何に基づいて行われるのでしょうか?一言で言えば、企業や民間企業の潜在的なビジネス顧客を “創造 “することです。そのためには、お客様に興味を持っていただき、ブランドとの関係を構築していくことが重要です。

リードジェネレーションの種類の一つに、B2Bセールスリードジェネレーションがあります。これは、特定の状況や購買決定に応じたニーズに答えることに関連していますこのようなリードの具体性は、人口統計学的データ、財務状況、または公的・法的地位に基づいています。これにより、適切なコンバージョン率、すなわち想定される購入意思決定を行う興味を持った人の数が決定されることになります。

イベント中のB2Bリードジェネレーションの効率性を測定するには、特定のツールが必要です。このデータは、オンラインイベントソフトウェアやQRコードスキャン技術を用いたモバイルアプリケーションを利用することで、簡単かつ効果的に取得することができます。

以下では、イベント中のB2Bリードの生成を測定するための非常に効果的な3つの方法を紹介します。

1. 自分のブースのQRコードが何人にスキャンされたかを確認する

オンラインイベントソフトのおかげで、生成されたリードの数を測定することがより簡単で快適になりました。イベント期間中、ブースのQRコードを読み取った参加者の数を統計として確認することができます。

Eventoryのプラットフォームに対応したモバイルアプリケーション「Eventory Scanner」を使用するだけです。これにより、見本市でのあなたのブースのスキャン数を包括的に把握し、管理することができます。このアプリケーションは、Eventoryエコシステム全体の一部です。そのため、他のツールとの連携は必要なく、データが重複するリスクを心配する必要はありません。

特定のイベント時に必要なデータを素早く取得することができます。また、パートナー企業や他の出展者とのB2B関係の構築でも利用できます。

QRコードを読み取ることで得られる情報や統計情報のセキュリティを心配する必要はありません。データはすべて最先端のセキュリティシステムで暗号化されています。また、これらのパッケージを多機能なEventoryプラットフォームに同期させるプロセスにも、適切なセキュリティ対策が施されています。また、これらのパッケージにアクセスできるのは、イベントを主催する企業または承認を得たオペレーターのみです。

QRコードをスキャンした参加者の数についての知識は、さらなる統計的な「処理」と「分析」をの簡単にします。この方法の欠点は、ブランドそのものだけでなく、ブースの露出に関連する潜在的な顧客の感情や情緒についての情報がないことです。このような質的な問題は、企業間の関係において重要であることを知っておく必要があります。このような質的な問題は、B to B関係において重要です。最終的には、数字そのものがリードの温度感を正確に反映することはできません。

リードの温度感
B2Bのリードは、コールド、ウォーム、ホットに分けられます。
温度とは、最も簡単に言えば、潜在的な顧客がブランドとの交流に興味を持つ準備ができているかどうかを指します。
コールドB2Bリードとは、ブランドに気づき、今後の交流に中程度の興味を示した人たちです。これらの人々は、今後の接触や購入について何も宣言していません。
ウォームB2Bリードは、より高度なアクションを起こした人たちで、あなたの関係はそれだけでは終わらないと考えることができます。
ホットなB2Bリードとは、ほぼ購入の準備ができている人たちで、契約書を渡せばおそらくサインしてくれるでしょう。

イベント中に実施できるアンケートは、質的なデータを得るのに役立ちます。

2. インタラクティブなアンケートの実施

また、イベント中にB2Bセールスのリードを獲得するためには、適切なイベント用アンケートツールを使ってアンケートを実施することが有効です。

リアルタイムでアンケートを実施するイベントアンケートツールは、Eventoryのプラットフォームなどがあります。参加者が自分の意見を述べる機会を提供します。質問内容やその精度をモデル化することで、得られるデータの質を変えることができます。このようにして、参加者はイベントでのあなたのパフォーマンスの共同制作者となります。

潜在的な競合他社やパートナーとの業界イベントで調査を実施することで、市場の認知度を高めることができます。これは、通常ではアクセスできない大規模なターゲットグループが存在することによって起こります。これにより、次の活動のためのより良い戦略と戦術を開発する機会を得ることができます。

Eventoryツールの利点は、リアルタイムにアンケートを作成できることです。これにより、Q&Aセッションなどの要素を導入したり、ブースのインタラクティブ性を高めたりすることができます。即時のフィードバックは、より高い品質に影響します。継続的に表明される意見は、通常、事後的なものよりも充実しており、歪みが少ないものです。また、この機能により、イベント中であっても直接反応を得ることができます。

オンラインでの意見表明の方法には、もうひとつ重要な利点があります。それは、意見を交換する人たちに安心感を与えることです。従来の調査では、書面でも口頭でも、文脈によって意見を述べる人の気持ちが下がってしまうことがありました。その結果、イベント自体やブランド、出展者に対して嫌悪感を抱いてしまうこともあります。このような状況では、アンケートは意図したものとは全く逆の働きをする可能性があります。インタラクティブでバーチャルな調査は、そのようなリスクを回避し、さらにイベントの参加者の関与度を高めることができます。

アンケートを使って質的データを得ることで、潜在的な顧客に対して完璧にパーソナライズされたオファーを用意することができます。これは、彼らのその後の意思決定に大きな影響を与えます。

3. 掲載されているバーチャル名刺を数える – QRコードの活用方法のひとつ

EventoryのQRコードスキャナーを使えば、イベント中にこのコードを使って、パートナー候補と名刺交換ができます。この交換をコレクターズゲーム(切手集めのようなもの)として行うこともでき、より多くの「プレーヤー」を巻き込むことができます。

QRコードの他の活用方法の中でも、この方法は、B2Bの新しい関係を構築し、それを販売につなげることができます。名刺をすぐに交換することで、具体的な販売方法を提示することができます。会社のウェブサイトにアクセスする必要性を盛り込むだけです。Eventoryでは、集めた名刺を集計し、分析することができます。

また、バーチャルな名刺を交換することで、カバンの中で迷子になることもなく、仕分けも簡単にできるというメリットもあります。

まとめ

イベントは、B2Bのリードの大きな源です。このプロセス全体において、ゴール(適切な数のリードを生み出すこと)を追跡することは価値があります。前述の方法を使えば、この作業を大幅に簡略化できます。そうすれば、見込み客との関係を築くための時間をより多く確保することができます。

Tags: