CMOの運用上の問題点TOP5とその解決策 | Eventory(イベントリー)

CMOの運用上の問題点TOP5とその解決策

マーケティング責任者の悩み

CMO(Chief Marketing Officer/チーフマーケティングオフィサー)レベルでのオペレーション管理は、数多くの課題と表裏一体となっています。

それらが企業経営に与える影響は現在も大きくなる一方ですが、現在CMOが直面している最も一般的な課題は何でしょうか?

会社全体の効率を上げるためには、どのような解決策が考えられるでしょうか?
今回はCMOの悩みトップ5に目を向けてみましょう。

現代のCMOはどのような人たちなのでしょうか?

まず、今どきのCMOとは誰なのかを考えてみるといいでしょう。

CMOは、事業の発展や売上の増加につながる一貫した計画を作る責任があります。しかし、そのような戦略的なマーケティングプランには、単に魅力的な広告やブランドプロモーションが必要なだけではありません。

現代のCMOの仕事は刻々と変化するマーケティング、ビジネス、新技術のトレンドの間をナビゲートすることです。

CMOは日々、自分の仕事の範囲がどこからどこまでなのかを再認識しています。

CMOの責任は、顧客に焦点を当てるという点にあります。
顧客にはニーズがあり、CMOはそれに柔軟に対応しなければなりません。

よくあるCMOの悩みトップ5

CMOが対処しなければならない仕事の範囲が完全に定義されているわけではないので、直面する課題は主に業務上のものです。

CMOは日々、状況を把握し、チームの作業や部門自体の有効性にエラーがあった場合に対応できるようにしておく必要があります。

オペレーショナルな活動は、会社の長期的な戦略課題の実施に大きな影響を与えます。
CMOの場合、オペレーション上の問題は様々なレベルで発生します。しかし、それらは次のようなカテゴリーで最も明確に現れます。

  1. 予算の確保。
  2. マーケティング活動(ソフト的なものを含む)からのデータの収集、処理、分析。
  3. 目標設定。
  4. リーダーシップの危機管理。
  5. CMOの非効率性。

問題にどう対処するか?

現代のCMOが日々の仕事で直面しなければならない課題は複雑です。

しかし、私たちは、あなたを悩みから救うために問題の原因を精査し、CMOの仕事のオペレーションエラーを克服するための完全なガイドブックを提示しました。

EventoryプラットフォームとCRMツールを組み合わせることで、イベントの参加者リストを簡単に作成できるようになりました。

営業チームを巻き込んで参加者リストを作成する手間はありません。

Eventoryに連絡先を送信するだけで、専用のキャンペーンが作成されます。
登録データをCRMツールに送り返すことで、誰が招待状を受け取っていないか、誰に再度連絡を取るべきかがわかります。

チームの誰もが、複雑で退屈で時間のかかる分析に余分な時間を費やす必要はありません。

e-bookはこちら
(e-bookは英語です。英語の記事の下にメールアドレスを入力いただき、ダウンロードいただけます)

Tags: