イベントマーケティング – 誤解されること | Eventory(イベントリー)

イベントマーケティング – 誤解されること

イベントマーケティングは、イベントを宣伝するすべての行動と間違って説明されがちです。しかし、これほど真実味のないことはありません。この言葉が示すように、これらはすべて、何らかの形でイベントに関連する行動なのです。ブランドをアピールし、企業のマーケティングを成長させるために行われるアクションです。

それはいったい何なのでしょうか?

まずは基本的なところから。つまり、新しい言葉を耳にしたら、ほとんどの人が最初にすること、それはGoogleなどの検索ツールで確認することです。私たちもそうしました。公式のケンブリッジの英語辞典で「Event marketing」とひくと、2つの定義が表示されます。

1)新規顧客獲得のために、イベントなどで商品を販売・提供し、宣伝する仕事。

2) さまざまなイベントを宣伝して、人々がそのイベントに足を運ぶようにする仕事。

ですが・・・どれも全く正確ではないんです。だから、特に最近はイベントマーケティングが盛んになってきているから、そこを直さないといけないのでしょう。たとえ、自分たちの行動がそう呼ばれるべきだと考えていない人たちがいたとしても。意外ですよね。

一番簡単なのは、最初から始めることです。この言葉は、西ヨーロッパやアメリカで最初に登場しました。実は、このコンセプト全体を最もよく理解しているのはドイツ人なのです。彼らは80年代からこの概念を研究していました。しかし、フィリップ・コトラーの『マーケティング』という本が出版されると、この言葉は広く知られるようになりました。アメリカの教授は、イベントマーケティングを売り手と顧客の間のコミュニケーション・プロセスのツールであると説明しました。

そして、それだけです。少なくとも、このように理解されるべきです。何年も何年も、マーケティング業界全体が、この言葉は、より多くのチケットを売るためにイベントを宣伝することを意味すると間違って信じていました。しかし、イベントマーケティングにはもっと多くの可能性があるのです。可能性は無限大です。私たちは、異なる理解、異なる定義を世に広めるお手伝いをしたいと思います。

イベントマーケティングとは、イベントを活用したブランドや商品のプロモーション・宣伝のことです。変ですか?そうでもないでしょう?実は、よくよく考えてみると、古代より人々はそれを行っていたことに気づきます。

この誤解にようやく気づいたのは、ポーランド人でした。2000年、オーレンのイベントデザイン&ソーシャルメディア部長ピョートル・ジャヴォロヴィッチが『Event marketing w zintegrowanej komunikacji marketingowej』(「統合マーケティングコミュニケーションにおけるイベントマーケティング」)という本を発表しました。これが最初の一歩です。徐々に、世の中はその間違いに気づき始めました。結局のところ、うまくいかないのに、なぜ企業はマーケティング予算の4分の1をイベントに投資するのでしょうか。

イベントマーケティングは、古代ローマですでに使われていたことをご存知でしょうか?

まあ、少なくともそんなところです。考えてみてください。誰かが何かを宣伝するためにイベントを利用するたびに、それはそれだったのです。21世紀の巨大企業だけではありません。王や女王、組織など、注目を集めることで利益を得ているあらゆる人たちがいるのです。古代ローマのグラディエーター・ファイトは何のためにあったと思いますか?あるいは、第二次世界大戦中の何千人もの兵士のパレードは?現代でも、なぜ英国王室は大規模な結婚式を組織し、それをテレビで放映するのでしょうか?それは、できるだけ多くの視聴者に到達し、彼らがあなたについて覚えていることを確認することがすべてです。

しかし、イベントにはさまざまな種類があります。カンファレンス、セミナーなどの教育的なものから、チームビルディング、トレードショー、ビジネスディナーなどのビジネス関連のものまで。音楽祭や授賞式など、エンターテインメント性の高いイベントでも、ブランドをアピールすることができます。有名なイベント・マーケティング・キャンペーンのひとつに、TNTが行った「Your daily dose of drama」というものがあります。このキャンペーンを見た後、誰もこのブランドのことを忘れることはできないでしょう。

イベント企画中の注意点とは?

初めてやることは、いつもまったく新しい挑戦や困難に出会うものです。突然、まったく新しい世界が始まるのです。

もしあなたが、来年の会社の戦略にイベントマーケティングを取り入れたいと考えたなら、まず第一に、それは良いことです。あなたは最新のトレンドについていくことができますし、この場合、競合他社に先を越されることはありません。しかし、気をつけなければならないこともたくさんあります。最も重要なのは、私たちはいまだにこの言葉の本当の意味を混同しているということです。もしあなたが座ってイベント戦略を計画しようとするならば、思い出してください。後者の部分を忘れてはいけません。イベント戦略とは、「何かを宣伝するためにイベントを企画する」ということです。

基本的に、イベントマーケティングを正しく理解することは、多くの人にとってまだ新しいことです。そこで、今後の記事では、なぜイベントが必要なのか、イベント・マーケティング戦略を立案する際に忘れてはならないことを解説していく予定です。それでも、今すぐ話しておかなければならないことがもう1つあります。イベントが成功したとき、どのように確認するのでしょうか?多くの新しいリードを生み出したということでしょうか?あなたはそれを何らかの方法で測定する必要があります。そうでなければ、どのように使用されているのか分からないまま、多額の資金を投入することになります。残念ながら、多くの人がこのことを忘れています。ですから、イベントの後には必ずデータを収集することを忘れないでください。私たちのプラットフォームは、そのような時に非常に役に立つかもしれません。

Tags: