フィードバックを収集する – 最適なイベントアンケートの質問とその他のヒント | Eventory(イベントリー)

フィードバックを収集する – 最適なイベントアンケートの質問とその他のヒント

調査・投票・アンケートを駆使してイベント参加者からフィードバックを集めることは、イベントそのものに不可欠な要素です。それらの意見は、参加者のイベント体験を評価する最も強力なツールのひとつです。この記事では、イベント用のアンケートを作成する方法と、参加者に参加してもらうためのアンケートを作成する方法について説明します。また、参加者にどのような質問をすべきかを理解することで、今後のイベント戦略を最適化することができます。

イベント後のアンケート質問のまとめ – その価値はあったのか?

あなたは、イベントを開催することを決断しました。イベントの計画には時間がかかり、イベント前のアンケート、会場環境、講演者、スポンサー、食べ物や飲み物など、イベント計画のチェックリストで細部まで確認し、すべてが完了するまで数ヶ月を費やしています。そして、イベント当日は予想以上に早く終了し、最後の参加者が帰るころには、ほっと胸をなでおろすことでしょう。しかし、イベントが成功したかどうか、どのように判断するのでしょうか?

イベントの成功を測るには、あなたの主観的な意見だけでは不十分であり、フィードバックを集めることが必要です。もちろん、登録者数や出席者数を数えることもできますが、それらの指標はどのように満足度に直結するのでしょうか?それよりも、イベントの参加者がまた参加したいと思うかどうかが重要でしょう。

フィードバックを得るためにイベントの開催があるといっても過言ではないでしょう。参加者のイベントへの満足度を測る際に意見を聞くことができ、それらは次回のイベント戦略を改善や、営業活動の方針を立てる際に、重要なヒントとなるでしょう。イベント関係者やスポンサーにとって、信頼できる情報源となります。

▼イベント後のアンケートで尋ねるべき質問例

  • イベントをどのように評価しますか。
  • 場所/日付/会場/スピーカー/アジェンダなどはどうでしたか?
  • イベントに関して最も良かった点/悪かった点は何ですか?
  • 次回のイベントで改善してほしい点は何ですか?
  • その他、イベント主催者に何かご提案があればお聞かせください。

上記趣旨の内容を、選択問題や自由記述と組み合わせて質問します。

▼アクティビティに関する質問

イベント主催者は、新しい分科会、ネットワーキング活動、ゲーミフィケーション機能などを実験的に導入することがよくありますが、今後のイベントにそれらを取り入れるかどうかを判断するためにフィードバックを必要としています。

アジェンダの中でどのアクティビティが一番気に入りましたか?どのエンゲージメントツールを使用しましたか?使わなかったツールは?

・参加者のROI。イベントの主催者は、そのイベントの価値を認識する必要があります。→イベントは価格に見合う価値がありましたか?そのイベントはあなたの知識を広げるのに役立ちましたか?参加目的は達成できたか?

・イベントにネットワーキングが含まれている場合、参加者が新しい人脈の数と質に満足しているかどうかを確認する必要があります。→ネットワーキングの活動は満足のいくものでしたか?適切なコネクションを得ることができたか?

・多くのイベントで、会議室の検索、スケジュールの整理、他の参加者やスポンサーとの連絡などにイベントアプリを使用しています。アプリに関するフィードバックを求めることは価値があります。→アプリは便利でしたか?どの機能が欠けていて、どれが最も便利だったか?アプリは使いやすかったか?

・参加者がイベントをよく組織化されていたと感じたかどうかを把握するのに役立ちます。→イベントの組織化についてどのように評価しますか?(1~5段階)イベントのチェックイン、ボランティア、その他についてどう評価しますか?

次回のイベントに期待することは何ですか?今回のイベントで足りなかったものはありましたか?次回のイベントで改善してほしいことは何ですか?イベントのどの部分を変更してほしいですか?

イベント後のフィードバックの集め方

残念ながら、イベント後のアンケートの質問を用意するだけでは十分ではありません。対面式かバーチャルかに関わらず、人々が努力して貴重な情報を提供してくれるよう、簡単で魅力的なアンケートを作成する必要があります。ここでは、6つのベストプラクティスをご紹介します。

①質問数

イベントの主催者としては、20以上の質問をしたいところでしょうが、参加者がアンケートにこれだけの時間を費やしたいと思う可能性はほとんどないでしょう。質問数が少なければ少ないほど、参加者が回答してくれる確率は高くなります。SurveyMonkeyによると、アンケートの長さの中央値は、10問です。3~12問の間を目安にしましょう。アンケートに質問を追加すればするほど、各アンケートの放棄率が高くなります。

②質問形式

イベントの主催者は自由形式の質問を好むことが多いですが、参加者は通常、回答が難しく、より多くの時間と労力を必要とするため、自由形式の質問を好みません。イベントアンケートの質問を様々な形式で行い、より魅力的なものにしましょう。はい/いいえ」の質問、複数選択肢の質問、ランク付けされた選択肢の質問、比率の質問などを追加してください。

③アンケートの形式  デジタルとアナログ、どちらのアンケートがより効果的か?

以前は、紙のアンケートが書面によるフィードバックを求める効果的な方法でしたが、デジタルコミュニケーションにより、バーチャルアンケートの人気が高まっています。マッキンゼーも述べているように、バーチャルイベント調査の質問も持続可能なソリューションと言えます。ここでは、バーチャル・イベント・アンケートの設問の利点をいくつか紹介します。

スピード:バーチャルアンケートはすぐにアクセスでき、メール、ソーシャルメディア、ウェブサイト、モバイルアプリなど、複数のチャンネルで宣伝できる。

分析:イベントの企画・主催者は、リアルタイムで結果を確認し、自動化された詳細なデータ分析を行うことができます。

価格:紙や印刷のコストがかからず、人的リソースも少なくて済む。

セキュリティ:パスワードによるデータアクセス制御が可能で、セキュリティの向上が図れる。

調査タイミング:イベント終了後、すぐにアンケートを実施できます。イベント終了後、参加者の記憶がまだ鮮明なうちにフィードバックを求めましょう。

④アンケートの公開タイミング

イベント最終日には、アンケートを公開しましょう。イベント後のアンケートは、メールやモバイルアプリケーションで送信することもできますし、アンケートリンクを手動で共有することもできます。イベントにとって最も理にかなっていて、参加者が最もアクセスしやすいアンケート配信方法を選択してください。また、イベント前にアンケートを手配することもできます。これはフィードバックにはなりませんが、参加者がアジェンダに影響を与えることができるかもしれません。例えば、参加者はスピーカーやエンターテイメントを提案したり、ビジネス「スピードデート」を議題に含めるかどうか意見を述べたりすることができます。様々な可能性があります。イベント前のフィードバック調査を利用して、適切な交通手段を準備したり、ホテルの部屋を手配したり、参加者が希望する音楽の種類を調べたりしている組織もあります。事前にアンケートを実施することで、イベント主催者は参加者のニーズをよりよく満たすことができるのです。

⑤アンケートのリマインダー

  理想的な数の質問を用意して完璧に準備されたオンラインアンケートは、フィードバックを収集する上で重要な役割を果たしますが、重要なのはイベント参加者に回答してもらうことです。まずは、上記のヒントをうまく活用しましょう。

 リマインダーの有効性について、具体的な数字を確認してみましょう。イベント主催者がEventoryを使用した2つの類似したイベントを比較してみましょう。イベントAには100人の参加者がいました。主催者は749件の評価とコメントを集めました。一方、イベントBでは、参加者100名、評価とコメントは108件でした。この違いは、イベントAの開催中(とイベント後)に、参加者がアンケートに回答するよう数回リマインダーを受け取ったことです。参加者からフィードバックを得るための最も簡単で良い方法は、イベント最終日とイベント終了後数日間に、アンケートへのリダイレクトを記載した通知を送ることです。

⑥プレゼント 

 参加者は、あらゆる種類の賞やコンペティションを好みます。アンケートに回答してもらうためのインセンティブを提供しましょう。ペン、ノート、ストラップ、マグカップなどの小さなギフトでも、参加者を納得させることができます。予算があれば、アンケートに回答した人の中から抽選でギフトカードなど、より価値のある賞品を獲得するチャンスを与えることもできます。

▼当社のイベントテクノロジーについてもっと知る

イベント運営には、継続的な改善が必要です。イベントを開催すればするほど、参加者の声やアドバイスに従えば、より成功しやすくなります。私たちの提案を適用し、その結果を私たちと共有してください。対面式、ハイブリッド、バーチャルイベント、ウェビナーなど、適切なイベント管理プラットフォームを選択することで、イベントの成功につなげることができます。今すぐデモをご依頼ください。

Tags: