Netflixから学ぶ、スマートでパーソナライズされたバーチャルイベントの実現 | Eventory(イベントリー)

Netflixから学ぶ、スマートでパーソナライズされたバーチャルイベントの実現

バーチャルイベントへの参加は、簡単なナビゲーション・無制限の機能、・その他プロセスを可能な限りシームレスにする機能を備えたバーチャル会場プラットフォームを利用したことがない場合、かなりハードルが高いと言えるでしょう。大規模なオンライン会議では、複数のテーマに沿った数十のプレゼンテーションが数日間にわたって開催されることがあります。参加者は、イベントプラットフォームの「ロビー」に入ると、コンテンツの過多により混乱する可能性があります。あまりにも多くのコンテンツが用意されているため、見たいプレゼンテーションの優先順位を決めるのに戸惑ってしまうのです。

膨大なコンテンツ、限られた時間

バーチャルイベントに参加すると、まるでNetflixのアプリを開いて金曜の夜に視聴する作品を選ぶような気分になることがあります。コンテンツが多すぎて、時間が足りない!プラットフォーム開発者の多くが、参加者がオンラインイベントをナビゲートし、オンライン集会で過ごす時間を最大限に活用できるように、ストリーミングサービスですでに広く使われている技術を利用しています。ストリーミングの世界では、過去の視聴パターンと視聴者の好みを評価し、関連性の高い番組を提案します。バーチャルイベントのソリューションでも、人工知能を搭載した同様のシステムを採用し、バーチャルイベントに参加している参加者が閲覧に興味を持ちそうなコンテンツを提案するケースが増えてきています。

Wainhouse Researchが実施したエンドユーザー調査では、個人がこのような自動的なアドバイスを歓迎していることが示唆されています。2020年に実施した2,001人の個人を対象とした調査では、回答者の4/5以上が、”過去の視聴習慣に基づいて、自分に興味のありそうな動画を自動的に推薦する “という仮想プラットフォームの機能を、”非常に便利”、または “ある程度便利 “と表現しています。大規模なコンテンツライブラリから特定のユーザーの興味に沿った推薦を行うには、優れた機械知能やAIによるマッチングソリューションが必要です。

イベント最適化のためのAIマッチメイキング

現在私たちは、バーチャルイベントやハイブリッドイベントへの参加体験を最適化するために、機械知能をどのように活用すればよいかを理解する初期段階にあります。ほとんどの場合、現在実装されているシステムは、バーチャルイベントへの参加登録時にユーザーが共有する情報を主な根拠として推奨を行うことになります。プラットフォームソリューションが、一連のバーチャルイベントでの経験や結果を収集し、参加者にコンテンツの選択肢を提案することで、時間の経過とともに、データの蓄積が進み、よりパーソナライズされたバーチャルイベントの洗練された提案が可能になるはずです。他の展示会に参加した人と同じような特性を共有することで、参加者はよりパーソナライズされたバーチャルイベントを体験できるようになるでしょう。

機械知能技術を統合し、仮想イベント会場の管理に応用することで、対面式カンファレンスに匹敵する有力な集いの場として、仮想会場の有効性を大幅に高める可能性を秘めています。オンラインならではの情報を活用して、個人を関連性の高いプレゼンテーションやコンテンツに誘導する推奨機能は、参加者が実際に参加する際に自分で選択するよりも優れたコンテンツに誘導することができます。

Netflix がバーチャル・ハイブリッド・イベントに与える影響

Netflixの推奨機能は、視聴者が適切なコンテンツを見つけられるようにすることで、ユーザーをリピーターにすることに成功したとも言えるでしょう。バーチャルイベントがNetflixから学べることは、同様の方法で参加者を支援することで、バーチャルおよびハイブリッドイベントプラットフォームが、時間の経過と共により重要なマーケティングツールになるということです。イベント主催者は、参加者が興味を持つようなコンテンツを提供することで、参加者のバーチャルイベント会場での滞在時間を延長させることができます。この活動により、参加者満足度は向上し、理想的には、マーケティング担当者がこの時間とマインドシェアを活用して、リードと分岐のプロセスを促進することが可能になるのです。

機械知能とAIマッチメイキングを利用した推奨機能は、大規模なオンライン会議の価値を高め、「スマートな」バーチャルイベントを実現するために活用されるであろう技術の一つに過ぎません。バーチャルイベントの体験を変革し、よりパーソナライズされたバーチャルイベントを促進するその他の機能についての理解を深めるには、Eventory/6Connexのオンラインデモをリクエストしてください。 

Tags: