オフラインイベントでQRコードを効果的に利用する6つの方法 | Eventory(イベントリー)

オフラインイベントでQRコードを効果的に利用する6つの方法

会議やコンファレンス、展示会などの対面イベントは、ビジネスの種類や業種に関係なく、毎年最も大きな(そして最も成功した)マーケティングやアウトリーチ活動の一つとなっているようです。しかし、COVID-19が世界的に大流行し、2年近くも対面式イベントが不可能になる事態が発生しました。最近のある調査によると、2022年5月~7月の3ヶ月間で、2022年2月~4月と比較して、ハイブリッドおよび対面式イベントの数が2倍も増加しています。しかし状況が変わり続けるからといって、特にテクノロジーに関して私たちが学んだことを忘れてはいけません。

その事例としてQRコードを紹介します。QRコードとは、「Quick Response Code」の略で、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からオンライン情報に簡単にアクセスできる特殊な2次元バーコードのことです。QRコードは、さまざまな理由から、次の対面式イベントで利用できる最も強力なエンゲージメント・ツールの一つでもあります。

1. 登録とチケットにQRコードを使用する

次回の対面式イベントでQRコードを使用すべき様々な理由の中で、一貫しているテーマは、ターゲット層にとってより便利な体験を生み出すということです。イベント参加者ができるだけ簡単にイベントに参加できるようにするためには、QRコードを使ったイベントチケットの作成方法を検討することから始めるとよいでしょう。

参加者に複数のフォームやクレジットカード情報の手入力を含む複雑な登録とチケット購入プロセスをナビゲートしてもらう代わりに、ユーザーはQRコードをスキャンするだけで、数秒で登録とチケット購入が可能です。また、ハイブリッドイベントやバーチャルイベントに適したプラットフォームを利用すれば、クレジットカードなどのオプションを使って、参加者が支払いを行うことも可能です。QRコードによって、イベントに参加する予定だった人が簡単に登録できるだけでなく、そのことで、参加を迷っていた人が良い方向に向かうかもしれません。

2. イベント前のコミュニケーションにQRコードを活用

COVID-19が流行した際、バーチャル会場のみでイベントを開催するメリットのひとつは、参加者とのコミュニケーションが容易なことでした。誰もが同じテクノロジーを使っていたため、イベント前やイベント中の重要なメッセージを参加者に伝えるのは簡単でした。QRコードのおかげで、対面イベントの世界でも同じようにシームレスにコミュニケーションをとることができるようになったのです。

QRコードを使えば、必ずしも電子メールで一斉にメッセージを発信する必要はありません。代わりに、1つのランディングページを作成し、それをQRコードにリンクさせることができます。そして、テキストメッセージのアラートやイベント会場内の看板など、さまざまな手段でランディングページに誘導します。参加者がコードをスキャンすると、イベントの最新情報が表示され、それに従って予定を立てることができます。

3. QRコードによる非接触型チェックインの実現

対面式イベントの開催が増加したからといって、誰もが混雑した環境でも快適に過ごせるとは限りません。マスク、手指消毒、パーテーション越しの会話など、予防策を講じることで安心する人は一定以上います。そこで、次の対面イベントにおけるQRコードのもう一つの活用例として、非接触型チェックインが挙げられます。イベント会場のチェックインカウンターが長蛇の列になっているのは、多くの人が経験していることでしょう。しかし、QRコードを使えば、参加者は何も触る必要がなく、行列に並ぶ必要すらありません。チェックインカウンターでQRコードを携帯電話で読み取り、情報を確認すれば、すぐにイベントを楽しむことができるのです。(また、従来のチェックイン方法に比べ、紙の使用量を大幅に削減できるため、サステナブルなイベントの実現にも有効です)。

4. QRコードの製品情報への活用

展示会などのイベントでは、ベンダーが自社の製品やサービスを来場者にアピールするためにデモを行います。しかし、QRコードのおかげで、このような添付資料は不要になりました。主催者または出展者が対面式イベントに参加し、3種類の製品のデモを行う場合、3つの固有のQRコードを作成することができます。参加者がこのコードを読み取ると、製品の詳細や専用のFAQページなどを見ることができます。QRコードによって、出展者は対面式イベントへの参加が容易になり(コストも削減)、参加者はイベント中に大量の紙の束を持ち歩く必要がなくなります。関係者全員にとって、Win-Winの関係を築くことができるのです。

5. コンテストや景品にQRコードを利用する

イベントの景品は、だれもがみんな好きだといえるでしょう。以前は、コンテストや景品に参加するためには、参加者はブースを訪れて、応募用紙に記入するか、ブーススタッフに名刺を渡す必要がありました。難しいことではありませんが、効率的とは言えません。しかし、QRコードのおかげで、ブースでの情報交換は飛躍的に容易になりました。参加者はスマートフォンでQRコードを読み取り、画面に表示された情報を確認し、コンテストに応募すればいいのです。そればかりか、参加者の名前、メールアドレス、電話番号、役職、会社名など、膨大な情報を瞬時に取得することができます。

これらの情報は、バーチャルイベント製品を通じてデジタルで収集されるため、イベント後のマーケティングキャンペーンを開始するのもはるかに簡単(かつ迅速)です。手動でリストをインポートしたり、データを入力したりする必要はなく、出展者は自社のブランドがまだ注目されているうちにリードと接触することができます。

6. イベント終了後のアンケートにQRコードを活用する

データ収集といえば、イベントQRコードのもう一つの大きな利点は、イベント中、特にイベント終了後に簡単にアンケートを実施できることです。どのプレゼンテーションが反響を呼んだのか、またより重要なのは、どのプレゼンテーションが反響を呼ばなかったのかを知りたいのではないでしょうか?参加者のフィードバックを受けて、共通の問題に対処するために、アンケートへのリンクを貼ったQRコードを参加者に配布すれば、このような情報をすべて把握することができます。さらに、アンケートへのアクセスが便利なため、参加者はアンケートに回答する可能性が高くなります。コードをスキャンするだけで、すぐにアンケートに答えてもらえます。

QRコードの多様性

人々は、大好きな企業やブランドと関わりたいと願っており、そのために最新のテクノロジーを利用することが多くなっています。イベント用QRコードのような技術によってデジタル世界と物理的な世界をつなぐことで、ハイブリッドイベントや対面式集会など、あらゆるイベント形式においてより良い顧客体験を生み出すことができます。

Eventoryではあらゆる企業・団体向けに、対面式だけでなくハイブリッドやバーチャルなイベントソリューションのリーディングプラットフォームとして、高い評価を得ていることを誇りに思っています。私たちが何よりも大切にしているのは、お客様の期待に応えながら、イベントのアイデアを具体的かつ現実的な成果へと導くお手伝いをすることです。次回の対面イベントでイベントQRコードを使用するさまざまな方法、当社のイベント技術プラットフォームとそのイベント技術統合についてもっと知りたい方は、どうぞお早めに。Eventoryにバーチャルイベントプラットフォームデモをリクエストしてください。

Tags: