企業にイベントのスポンサーになってもらう方法 | Eventory(イベントリー)

企業にイベントのスポンサーになってもらう方法

イベントのスポンサーを獲得するためには、イベントへの投資がリターンにつながることを企業に納得してもらわなければなりません。イベントの前に、協賛のメリットをスポンサーに測定することは可能でしょうか?

なぜイベント主催者はイベントのスポンサー獲得に熱心なのか?

スポンサーを獲得すると聞いても、最初に思い浮かべるのとは違うかもしれません。スポンサーの役割は様々でしょう。もちろん、スポンサーの中には、主催者にお金を渡し、高解像度のロゴを提供するだけの人もいます。しかし、これがあなたのピッチの核心であるならば、失敗するでしょう。あなたが業界のイベントを開催しない限り、この種のスポンサーを見つけるのは難しいです。

しかし、お金だけではありません。イベント主催者は、マーケティング上の理由から企業や出版社を巻き込もうとします。あなたがフィンテックカンファレンスを主催していると想像してみてください。ゼロから聴衆を集めるよりも、Forbesの読者に売り込む方が簡単だと思いませんか?

さらに、このような「年上のお兄さん」を得ることで、威信感が生まれ、他の人が参加するようになるかもしれません。これは、「社会的証明」と呼ばれる論法のバリエーションです。企業は、著名人がイベントのスポンサーになっているのを見て、自分たちの資産もテーブルの上に置いてくれるかもしれません。

また、教授や基調講演者を集めることで、ラインナップを充実させることができます。多くのイベントは、認知度の高い人物を中心にマーケティングキャンペーンを展開します。これは効果的です。参加者が尊敬している人物であれば、さらに多くの参加者を集めることができます。

イベントのスポンサーになる理由は何でしょうか?

しかし、スポンサーには何のメリットがあるのでしょうか?お金と名前を提供する。その見返りは何なのでしょうか?

イベントの協賛は、スポンサーに多くのメリットをもたらします。ブランドの認知度が上がるのは当然のことです。しかし、仮にこのメリットがスポンサーにとって決定的なものではないとしましょう。他にどんな利益があるでしょうか? 

ブランドの顧客がブランドをどのように見ているか、つまりカスタマー・パーセプションがその良い例です。イベントのスポンサーになるということは、そのイベントの背後にあるアイデア全体をサポートするということです。イベントの中には、特定のブランドやその視聴者にとって重要な問題に触れるものがあります。このようなブランドは、特定のイベントのスポンサーシップに魅力を感じる可能性が高いです。

スポンサーもまた、スポンサーやパートナーを必要としています。業界のイベントに参加すると、ネットワーキングが容易になります。もし、ある企業があなたのイベントに参加すれば、将来のプロジェクトのために貴重な人脈を得られる可能性があります。

また、イベントのスポンサーになる理由として、観客の生の声を集めることも挙げられます。見込み客や消費者との生の接触は貴重なものです。企業は、CRMに蓄積されたデータを実際に目の前で見ることができます。コンテキストを与えてくれるのです。しかし、それが意味を持つのは、そのイベントの参加者が、企業のターゲットグループをカバーしている場合だけです。(これがヒントです。)

企業にイベントのスポンサーになってもらうには?

企業にイベントのスポンサーになってもらうにはどうしたらいいのかと思っていた方、答えはすぐに出てきます。

企業に何の利益があるのかを伝えなければなりません。

わかっている、わかっている、それは公然の秘密です。しかし、正しい方法を知っていますか?「幅広い視聴者層」や「トッププレーヤー」などの決まり文句を繰り返しても、あなたのピッチは無味乾燥なものになるだけです。何十もの似たようなオファーの中から消えていってしまうでしょう。

すでに述べたように、企業がイベントのスポンサーになる理由はさまざまです。さらに、スポンサーシップパッケージにも種類があります。メインホールでの展示だけのものもあれば、メインステージでの講演に参加できるものもある。メインホールでの展示だけのものもあれば、メインステージで参加者の記憶に残るようなスピーチをしてくれるものもある。

企業にスポンサーになってもらうためには、まずピッチをパーソナライズする必要があります。その企業にスポンサーになってもらいたい理由を並べてみましょう。その企業の顧客があなたのターゲット層と似ているからでしょうか?あるいは、ブランドの価値観があなたと一致するからでしょうか?このプロセスは、企業があなたに協力したいと思う理由のヒントになります。それをピッチに反映させましょう。

第2ステップでは、スポンサー候補のリサーチも行います。その企業の強みと弱みは何か。認知度の高いCEOがいるか?革新的なゲームを新たなレベルで提供しているか?これらをまとめて、あなたのイベントのUSPを作りましょう。そう、イベントとは、あなたがスポンサーに「売ろう」としている商品でもあるのです。大胆に、そして情熱的に取り組んでください。サミット、ハッカソン、ミートアップ、カンファレンスの何がそんなに特別なのかを人々に伝えましょう。

最後に、あなたが提供できることを定義します。例えば、以下のような活動を提案することができます。

  • ロゴの配置
  • 告知
  • ソーシャルメディアでの訴求
  • パネルへの参加
  • ステージ上での講演機会
  • 聴衆への特別なアクセス
  • 無料またはVIPパス

などが挙げられます。

次に、目標とするスポンサーのタイプを考えてみましょう。いくつかのバージョンを作成し、スポンサー候補のリスト、ニーズ、あなたのUSPに合わせてオファーを調整します。

目立ちたいのであれば、スポンサーピッチを具体的かつデータに基づいたものにしましょう。

数字でスポンサーを驚かせましょう。
概要

  • イベントのリーチ
  • 推定参加者数
  • オーディエンスの属性
  • 参加者の中でスポンサーがターゲットとしている層のカバー率
  • 前回のイベントの参加者のフィードバック
  • イベントに集まった参加者のタイプ(立場、興味、プロフィールなど)

EventoryのようなWebベースのイベントプランニングソフトを導入してください。このような情報を計算したり、推定したりすることができます。今あるデータを最大限に活用して、未来のイベントを表現しましょう。

スポンサーのスイートスポットをくすぐるようなデータを使う。与えられた企業に合致する主要業績評価指標に焦点を当てる。オファーは簡潔かつ正確に。見込み客が会うであろうインフルエンサーの具体的な情報を提供する。ソーシャルメディアでの存在感を説明する。聴衆や講演者についても同様にしましょう。

主催者とスポンサーの関係は双方向でなければなりません。スポンサーは、チームに参加する前にリスクを計算する必要があります。オファーを詳細かつパーソナライズされたものにすることは、企業にとって容易になるだけです。それは、あなたが見込み客の時間を尊重していることを示すでしょう。また、あなたの行動に透明性があることも証明されます。

お問合せはこちら

バーチャルおよびハイブリッドイベントソリューションの世界的なリーディングプロバイダーとして、Eventoryでは、マーケティング、セールス、トレーニング、およびHRコミュニティ向けに、オーディエンスのリーチを拡大し、コンテンツの深い関与を促進する安全なクラウドベースのプラットフォームを提供しています。世界中で使われているイベント体験をご紹介し、貴社のイベント想定に合わせたワークアラウンドをご提案いたします。

Tags: