主催者が避けるべき、見逃しがちなイベントの6つのミス | Eventory(イベントリー) オンラインセミナーツール

主催者が避けるべき、見逃しがちなイベントの6つのミス

オンラインウェビナーの開催は、新型コロナウイルス流行の最盛期が過ぎたいまでも、リード生成能力から多くの組織の間で選ばれ続けています。主催者は会場手配や人員手配、参加者は来場の手間が省けて、リソースを抑えて手軽に開催ができることから人気が高まっています。

定期的なウェビナーの開催は、参加者への中長期的なアプローチにとても有効ですが、やみくもにバーチャルイベントを開催する前に、主催者が避けるべきよくあるイベント事例をご紹介します。

バーチャルサミットとは?

バーチャルサミットは、物理的なオフラインイベント(基調講演、セミナー、ネットワーキングなど)に似ていますが、WiFi接続さえあれば世界中どこからでもアクセスできるバーチャルな環境で開催されます。物理的イベントとバーチャルイベントの長所と短所については、こちらの記事をご覧ください。

バーチャルサミットは、企業が業界における権威を獲得し、デジタル需要生成のROIを高めるのに役立ちます。イベント管理ツールの開発により、自社担当者でも運営するのが非常に簡単になりました。オンラインイベントの開催は、最初は難しく思えるかもしれませんが、手厚いサポートとガイダンスを提供するチームのあるツールを見つければ、思っているよりも簡単だということがわかるでしょう。

バーチャルイベント開催前のチェックリスト:ウェビナー開催時に避けるべきミスTOP6

1.直前まですべてを放置しない。

イベントは「タイミングがすべて」であり、特にバーチャルイベントの計画は余裕をもって立てるべきです。開催の2〜3ヶ月前に計画を立てることをお勧めしています。ウェビナーを計画する際には、考えなければならないことがたくさんあるので、見落としたかもしれないことや、何か問題が起きたときのために、十分な余裕を持つようにしましょう。実際の開催の1週間前にはすべてをセットアップしておくこと、参加者への連絡のタイミング(参加リマインド、参加のお礼、欠席者へのアプローチなど)もあらかじめ決めておくと良いでしょう。前もってすべてを整理しておけば、後で自分自身に感謝するだけでなく、パートナーやスポンサーにとっても、プレゼンテーションの準備に余分な時間を割くことができます。

2.セッションを長くしすぎない。

人々の注意力は刻一刻と短くなっているようです。参加者にセッションの最後まで残ってもらい、イベント全体を通して参加してもらいたいのであれば、1トピック時間の上限を最大20分としましょう。一般的に、参加者は10分から20分の間に注意を向け続けることができますので、この制限を超えないようにしてください。講演者が講演で十分な情報を得られるか心配な場合は、バーチャルプラットフォームでいつでもセッションを補完するためのリソースを追加してください。

3.同じサービスを提供するスポンサーを選ばない。

バーチャルイベントのスポンサーを探し、互いに競合するのではなく、補完し合えるスポンサーを確保することの重要性を指摘します。イベント中にスポンサー同士が対立するのは避けたいので、異なる種類のサービスを提供するスポンサーを見つけるようにしましょう。戦略的にスポンサーを選びましょう。あなたの会社の現在のパートナーや、異なる製品との統合について考え、それらをサミットで活用し、「あなたの理想的なリードに合致することをすでに知っている」ことを聴衆にアプローチしましょう。

4.バーチャルオーディエンスに売り込みをしない。

参加自由のセッションだと思っていたのに、思ってもいなかった売り込みを聞かされることほど、参加者にとって気まずいことはありません。スピーカーは自分のサービスを強調したいかもしれませんが、セッション中に視聴者に売り込みをしないことを一般的なルールとして共有しておくべきです。

以下は、聴衆に売り込む適切な方法の例です:

特定のイベント管理ツールでは、ウェビナー内の様々なスペースで、見込み客向けのセクションと顧客向けのセクションを提供することで、参加者に有効な形で売り込むことができます。参加者は、売り込みを聞かされるのではなく、能動的に機能や商品について問い合わせ、MTG依頼することができます。

5.既存顧客の価値を忘れない。 

当たり前のことですが、Eventoryを用いて開催されたウェビナー事例を踏まえて、最も忘れてはいけない点は、デマンドジェネレーション(営業部門へ渡す、見込み案件の創出・発掘活動全般のこと)において既存顧客の価値を忘れないことです。バーチャル・サミットは、便利な方法でより多くのリソースと価値を提供することで、顧客と関わり続けるための完璧な場を提供する。あなたのバーチャル・プラットフォームが、この利便性を可能にするツールを備えていることを確認してください。

6.間違ったバーチャルサミットプラットフォームを選ばない。

多くの企業が、自社イベントのニーズに合わないバーチャルプラットフォームを選ぶという間違いを犯しています。イベントで実現したいことや、絶対に使いたい機能について、優先度を明確にした上でツールを選択すると、ギャップが発生しないでしょう。だからこそ、様々なイベント管理ツールを評価し(ハイブリッド開催に対応していることがベスト)、すべての人の期待を上回るオンラインイベントを提供するのに役立つ、あらゆる段階でビジネスをサポートできるものを選ぶことが重要です。

イベントツール運用前に行われる設定トレーニングから、イベント当日のライブサポートまで、ツールのおかげでイベント全体を万全の体制でサポートを行えるイベント管理ツールのプロバイダーを探すことを忘れないでください。

イベント参加者を貴サービスのファンにするために、価値を提供する革新的で統合的な方法を見つけることが、企業が見込み客の貴重な関心を獲得し、維持することに成功する方法です。この方法で確実なリードを獲得しており、これがオンラインイベントを開催して自社のオーディエンスに関する洞察に満ちた情報を得ることを選んだ理由です。

Eventoryツールについてのお問合せ、資料請求はこちらからお願いします。

Tags: