バーチャルイベントとオフラインイベント: 賛否両論の決定版 | Eventory(イベントリー)

バーチャルイベントとオフラインイベント: 賛否両論の決定版

バーチャルイベントは明らかに増加傾向にあり、今後もその勢いは衰えることはないでしょう。確実なリードを生み出せるバーチャルイベントは、デジタルマーケティングの最強の武器であることが証明されています。このような結果を受けて、これまでオフライン会場での開催が中心だったイベントは、今やバーチャルであることが主軸へと変化しています。企業は、バーチャルブース、ゲーミフィケーション、スポンサーセッションなどを通じて、参加者とつながることを学んでいます。

物理的なオフラインイベントとバーチャルなオンラインイベントの違い、それぞれのイベント開催形態の長所と短所は何でしょうか?

今後、オフラインイベントをバーチャルイベントに置き換えようと考えている担当者のために、イベントプラットフォームのインサイダーの視点から、オフラインイベントとバーチャルイベントの決定的なプロコン・リストをご紹介します。このリストは、あなたのニーズに最も適した形式を決定するのに役立つものです。また、視覚に訴える方には、以下のインフォグラフィックが便利です。

バーチャルイベントとオフラインイベント

オンラインイベントとオフラインイベントの違い: 長所と短所

このセクションでは、仮想イベントと物理イベントの最大の違いを分解し、それぞれの違いの長所と短所の両方を比較検討することにします。

1. 費用対効果 

対面式イベントの開催は、多くの費用がかかるものです。新しい街や土地への旅は、参加者(従業員)にとって刺激的であり、日頃の疲れを癒すのに役立ちますが、非常にコストがかかるのも事実です。対面式イベントにかかる費用には、次のようなものがあります: 

  • イベント会場のレンタル
  • 現地スタッフの人件費
  • 配信機材や会場設備の手配
  • 会場までの
  • スピーカーの登壇フィー

…といったところでしょうか。新しい街で思い出に残る体験をすることは、とても大切なことですが、そのためにはコストがかかります。幸い、これらはオンラインイベントに置き換えることですべてコストがかからないこととなります。

インディヴィジョンはEventoryを提供し、社員やゲストが世界のどこにいても参加できます。オンデマンドスピーカーは、その利便性から、バーチャルイベントでの講演をわずかな料金で承諾してくれます。同じ値段で、より良い(そしてより多くの)スピーカーを雇うことができるのです。マーケティングイベントにおける多くの高品質なスピーカーの存在は、より多くの潜在的で高品質なリードを生み出すことにつながります。バーチャルイベントの開催は費用対効果に優れているといえます。

2. フレキシビリティ 

 いまや社員は世界の隅々まで行き渡り、ますます多くの社員がリモートで働くようになりました。バーチャルイベントソリューションは、多様化する就労体制に対応するために、異なるタイムゾーンやさまざまなスケジュールの問題を解決するために登場しました。

 社員にとって旅行は楽しみなものですが、計画を立て、飛行機に乗り、ホテルまで運転する移動時間は、電子メールが山積みになる「デッドタイム」になりかねません。開催までに急に都合が悪くなり、移動の時間が取れなくなることも考えられる?対面式のイベントでは、参加者がイベント終了後にプレゼンテーション・デッキにアクセスできたり、セッションを録画して後でオンデマンドで視聴できたりすることもありますが、一般的には、セッションは終了したら終わりです。

 革新的な企業は、参加者が何度も(イベントページに)足を運んでくれることを想定して、バーチャルオフィスやカンファレンスを運営しています。同時進行で関心のある素晴らしいセッションが展開されたり、参加者はCEOと共有するために資料を手に取りたいと思ったりするかもしれません。どんなニーズであれ、参加者は自分の都合に合わせてバーチャルイベントに再訪問することができ、参加者にとってのカンファレンスの価値とサミット・プロデューサーにとってのROIを高めることができるのです。バーチャルイベントのほうが柔軟性が高いでしょう。

3. 大量かつ詳細なデータ収集

 オフラインイベントにおいて、収集されるデータの範囲は担当者が走り書きするメモと考えるのが普通です。しかし、最新のイベント管理ツールでは、対面イベントであっても大量のデータ収集が可能です。イベント主催者は、対面イベントでもデータ収集の効率が格段に上がる優れたイベントテクノロジーに投資すべきです。Eventoryでは、デジタルチケットや登録・会場内外での参加者のチェックイン・アクティビティレポートやメトリクス、リードジェネレーション、ROIの測定などを提供できます。また、参加者にネットワークを構築し、交流スペースを提供することも可能です。イベント主催者は、対面イベントを開催する場合でも、データ収集の効率が格段に上がる優れたイベントテクノロジーに投資する意味があるでしょう。一方、バーチャルイベントでは、参加者がどのコンテンツを閲覧しているか、どの営業担当者と話しているか、どの参加者と関わっているか、どのブースのリソースをダウンロードしているかなど、あらゆる履歴がすべて残っています。そして何より、出展者にもこれらの情報はシェアされ、Eメールリストを増やすことで、これらのデータはリードに直結します。

4. ネットワーキング

 ノートパソコンの前に座り、携帯電話を見つめながら、オンラインで多くの時間を過ごすこの世界では、誰かの目を見て挨拶することは素晴らしいことです(特別なことでさえあります)。バーチャルイベントと対面式イベントの長所と短所は、ネットワーキングにあります。 電話やEメールでしか話したことのない人と実際に会うことで、関係性に重要なレイヤーが加わり、異なる種類のコミュニケーションが可能になります。バーチャルイベントのプロバイダーはチャット技術を進歩させ、イベント中に参加者がエキサイティングで魅力的なチャットをできるようにしていますが、世の中にはまだまだ握手が必要です。しかし、購買体験の部分では、バーチャルの方がネットワーキングがしやすいこともあります。参加者は一般的に、ベンダーが提供するものを見ることに興味があります。バーチャルイベントのプラットフォームでブースの担当者とチャットすることで、何が新しく、何が可能かを知ることができ、何かを買うというプレッシャーを感じることもありません。

 正直に言うと…私たちは、本当に全員とおしゃべりしたいわけではありません。実際のイベントでは、目を合わせないようにしたり、熱心な販売員をかわしながらデータシートを見たりすることがよくあります。バーチャルサミットでは、じっくりと時間をかけて、好きなときに好きなものを見ることができます。バーチャルイベントのネットワーキングでは、参加者を絞り込んで興味のある人と話すことができるため、より効率的に時間を節約することができるのです。よりリラックスして効率的な体験ができるのです。 対面式のイベントでは、その人がどんな人で、どんなサービスを提供しているのかわからないまま、おしゃべりをすることがよくあります。これは時間がかかるため、効率が悪くなる可能性があります。

結論として、チャットベースのコミュニケーションは本物の握手に勝るものではありませんが、自由奔放な営業上の問い合わせは、ビジネスにとってより良いものになることが多いのです。

5. パーソナライズドグッズ 

 バーチャルサミットの経験者であっても、私たちはカンファレンスのTシャツを手に取り、ブースを覗いて、お土産に最適なグッズを探したりします。しかし、イベント終了後にスーツケースに詰め込むことを考えると、ちょっと考え直したくなりますね。

 ”バーチャルイベントでも商品を作ることはできないのか?”という声が聞こえてきそうです。その答えは?はい、可能です。バーチャルグッズの代表的な例としては、ブース参加者にオンラインギフト、例えばスターバックスのバーチャルギフトカードをプレゼントすることが挙げられます。もう一つの例として、Tシャツを挙げることができます。不要なものではありますが、ビデオで着用するためにスタッフにTシャツを発送したり、ビデオを録画するオプションで講演者にパーソナライズされたスワッグバッグを渡したりすることがあります。対面式イベントは、グッズの有無でモチベーションがかなり変わってきます。

6. 長期的なROIの効果 

 長期的なイベントのROIは測定に時間がかかります。物理的なオフラインイベントもバーチャルなオンラインイベントも、参加者の心に強いブランドイメージを残します。しばらくは企業のロゴをどこかで見た時に、イベントでの体験を連想してくれるようになるでしょう。

 バーチャルイベントの方がより長く開催でき、より多くのリードを蓄積し、より多くのオーディエンスにリーチできることです。また、イベントを永続的に残して、参加者がデータ、ネットワーキング、オンデマンドコンテンツに無制限にアクセスできるようにすることも可能です。イベント中に獲得したビッグデータは、リードナーチャリングによって売上に大きく貢献します。イベントの目標によりますが、オフライン開催をメインにするとしても、バーチャルイベントを並行してハイブリッド展開しておくことのメリットは大きいといえるでしょう。

イベントの未来: バーチャルかフィジカルか?ハイブリッドが答えとなる理由

さて、バーチャルイベントの長所と短所についてご紹介しましたが、バーチャルイベントはオフラインイベントの終焉につながるのでしょうか?私たちは、決してそうは思いません。参加者はどこかで人と人同士のつながりを求めるものです。しかし、同時に利便性も求めています。

多くの企業は、ライブストリーミングやリピートデイなど、オフライン参加者に価値を与えながら、仮想的な参加者にもリーチを広げる、対面イベントと仮想イベントを組み合わせたハイブリッドイベントを選んでいます。 Markletic社によると、B2B企業の86%が、イベント開催から7ヵ月後にハイブリッドイベントの投資効果を実感しています。このような統計から、ハイブリッドイベントはイベント業界にとって不可欠な要素になりつつあるようです。どのようなマーケティング・ミックスにも、適したイベント・フォーマットの居場所があるのです。

結論として、バーチャルイベントとオフラインイベントのどちらにも長所と短所があり、どちらを選ぶかは、最終的にはイベントプランナー、参加者のニーズ、特定のイベントゴールによって決まります。対面式イベントはユニークでパーソナライズされた体験ができる反面、費用がかかり柔軟性に欠け、データ収集が制限される場合があります。一方、バーチャルイベントは費用対効果が高く、柔軟性があり、データ収集の機会も十分にありますが、対面式ネットワーキングのようなパーソナルな体験はありません。イベントの形式を決める前に、イベントの目標と参加者のニーズを考慮することが非常に重要です。いずれにせよ、バーチャルイベント計画ソフトウェアは、リードジェネレーションとマーケティングの新たな可能性を切り開くものであり、企業はその可能性を追求すべきです。

バーチャルイベントソリューション

お問合せはこちら

バーチャルおよびハイブリッドイベントソリューションの世界的なリーディングプロバイダーとして、Eventoryでは、マーケティング、セールス、リクルート、トレーニング、およびHRコミュニティ向けに、オーディエンスのリーチを拡大し、コンテンツの深い関与を促進する安全なクラウドベースのプラットフォームを提供しています。世界中で使われているイベント体験をご紹介し、貴社のイベント想定に合わせたワークアラウンドをご提案いたします。

Tags: